メビウスウォーター

1分でできる!簡単な1000倍希釈メビウスウォーターの作り方

メビウス1000倍希釈
CHIKA

 

メビウスウォーターは基本的に希釈して(薄めて)使います。

開発者が推奨しているのは「1000倍に薄めて使う」です。

 

そこで今回は

一番簡単なメビウスウォーター1000倍希釈液の作り方

をご紹介しますね。

 

用意するもの

メビウスとペットボトル水

・2Lのペットボトル入りの水

・メビウスウォーター

 

作り方

1.メビウスウォーターのスポイトで約1mL(ミリリットル)メビウスウォーターを吸う

メビウスと2Lの水

 

2.2Lのペットボトルの水に2mLのメビウスウォーターを入れる
(1mlを2回ということ)

メビウス2ml

 

3.なじませるために1日置く。保管は冷蔵庫で。

 

 

以上です(笑)

多分、1分もかからずにできます。

 

【補足1】1mLはどのくらい?

ただ、メビウスウォーターのスポイトにはメモリがなく

「どのくらいが1mLなの?」と思いますよね。

 

こちらをご覧ください。

メスシリンダー

これは、メスシリンダーという液体の体積をおおよそで計れる器具。

色々な大きさがあるのですが、これは10mLまで測れるサイズ。

こちらで計ってみます。

 

 

さて、

メビウスウォーターのスポイトを最大限にギュッとつまんで中身を吸ってみてください。

 

メビウススポイト

 

だいたいこのくらい(赤線のあたり)になります。

メビウススポイト2

スポイトのガラス部分の半分より少し下くらいですかね。

 

これを、メスシリンダーに移してみると・・

メビウスとメスシリンダー

↓↓↓↓

メビウス1ml

おおよそ1mLです。

※お料理などではよく「cc」という単位を使いますね。1ccと1mLは同じ意味です。

スポイトをギュッと一杯につまんで、吸った量が大体1mL

 

メビウスウォーターを薄めるときは厳密でなくて大丈夫です。

 

【補足2】メビウスウォーターを先に入れるか、後に入れるか?

これは開発者から聞いた話なのですが、

 

本当はメビウスウォーターを先に入れてから水を足したほうがその力がよく発揮される状態になるのだそう。

 

でも、今回のように水に、後からメビウスウォーターを足した状態でも1日置けば最終的には同じになったとのこと。

 

なので、急いでいる方は空のペットボトル容器を用意して、先に2mlのメビウスウォーターを入れてから水を入れると良いことになります。

 

【補足3】水の種類や温度は?

水道水でも、ろ過装置を通した水でももちろん大丈夫です!

温度は冷たくても、暖かくてもOK。

ちなみに、メビウスウォーターは熱にも強いので、原液や1000倍液を沸騰させても問題ありません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

1000倍のメビウスウォーター、作って色々なことに使ってくださいね。

メビウスウォーターは1本75mLです。

これが1000倍になると、75リットルです!

沢山使っても長持ちしますね!

 

 

洋服とメビウスウォーター
洋服にメビウスウォーターメビウスウォーターは調味料ですが、色々な使い方が出来ます。洋服にシュッとかけると!?...
メビウスウォーター新聞紙
メビウスウォーターと新聞紙メビウスウォーターは調味料として販売されていますが、沢山面白いエピソードがあります。今回はメビウスウォーターと新聞紙のお話です。...

 

OJIKA Industry正規代理店
CHIKACHAN HOUSE

還元くん・メビウスウォーター・ワンゲル等の専門ショップです

ABOUT ME
CHIKA
還元くん、メビウスウォーター、ワンゲルをこよなく愛する現役の薬剤師です。 自分自身の闘病体験や日々患者さんと接する中で、「薬にお世話になる前にできることがある」ということを実感し「予防」の大切さを伝えています。 自然の摂理に忠実に従い、本当に私たちのためになる商品を多くの皆様に知っていただきたいと思っています。
記事URLをコピーしました