ORPメーター(酸化還元電位計)

還元くんを使って水素たっぷりの出汁(だし)をとろう!

還元出汁の作り方

還元くんは「食品から水素をとる」ことが出来るボトルです。

いつもはお茶を入れて使っていますが、色々入れてみると面白いです。

私はよく還元くんを使って出汁をとります。

そして、その出汁を使って料理に使ったり、そのまま飲んだりしています。

 

今日は還元くんを使った出汁のとり方をお伝えします。

 

還元くんに入れる材料を用意する

還元出汁1

【還元出汁の材料】

「昆布」:3センチ程度

「乾燥きくらげ」:2つ(小さめ)

「かつお節」:3g×2パック

 

各素材、単品でもいいのですが、全部入れたほうがおいしいです。

量はお好みで。

 

きくらげは、あってもなくても良いですが、

キノコは沢山水素があるでね!

ブドウの房くらい、わーーーっとついとるよ!

 

と開発者が勉強会で話をしていたので、いつも入れています。

キノコは何でも良いのですが、臭いの好みもありますね。

きくらげは臭いがないので重宝します。

 

かつお節はお茶(だしパック)に入れておく

還元出汁2

還元くんにそのままかつお節を入れてもいいのですが、後で取り出す時に大変なので・・

 

全部の具材を中に入れて、お水を入れる

 

還元出汁3
冬は40℃のぬるま湯を入れてくださいね。

時間が経ったら取り出します。真夏なら3~4時間、冬は12時間程度

 

ORPメーター(酸化還元電位計)をお持ちの方は是非計ってみてください。

 

かなりの水素量です!

還元出汁4

保管は必ず冷蔵庫に。

 

ちなみに、「出がらし」は細かく刻んで、サラダなどに入れて食べてしまいます!

 

こうして還元くんでとった出汁を料理に応用するのですが、水素は60℃になると飛んでしまいます

なので、「煮込む」とか、そういったことには不向きです。

もちろん、出汁としてそのまま使えますが、せっかく「還元出汁」にしたので勿体ないです。

水素がたっぷりある状態で使うので、この「還元出汁」は夏場に出番が多くなります。

 

この出汁に醤油や少しの天然塩を入れてソーメンを食べるときのツユにしたり、

ご飯にかけて、薬味と共に「冷やしお茶づけ」として食べたり。

美味しくて、結構ハマります!

具材の分量は結構アバウトで大丈夫です。ただし、還元くんに入れる時間が長すぎると、かなり白く濁ってきます。また、白いオリのようなものが浮いてきますが心配ないです。

 

レシピはこちら。

料理にも還元くん
夏の料理にも還元くんを使ってみよう!サラッと美味しくご飯と水素。還元くんを使って出来る還元茶(水素茶)や、還元出汁を使って夏のご飯をサラッと美味しく食べましょう!簡単にできる、水素たっぷりのご飯です。...
ABOUT ME
CHIKA
還元くん、メビウスウォーター、ワンゲルをこよなく愛する現役の薬剤師です。 自分自身の闘病体験や日々患者さんと接する中で、「薬にお世話になる前にできることがある」ということを実感し「予防」の大切さを伝えています。 自然の摂理に忠実に従い、本当に私たちのためになる商品を多くの皆様に知っていただきたいと思っています。
還元くんSHOPはこちら

還元くん・メビウスウォーター ・ワンゲルを始めOJIKA Industryさんの関連商品のみを取り扱っている専門ショップ「CHIKACHAN HOUSE」にぜひ遊びにいらしてください。


CHIKACHAN HOUSE

皆様の還元ライフにお役に立てる商品を揃えてお待ちしております。

テキストのコピーはできません。