実験

還元くんに、コンビニで売ってる缶コーヒー・ペットボトルコーヒーを入れてみた

還元くんと缶コーヒー
CHIKA

還元くんで作る水出しコーヒーはとても美味しいです。

しかしながら、水出しコーヒーの種類(商品の種類)によっては全く水素がでないものもあります。

なので商品選びは注意が必要なのですが

「もっと手軽に還元コーヒー飲めませんか」

というご質問を頂きました。

 

イチから作る水出しコーヒーはこちらがお勧めなのですが、一晩水出ししてから還元くんに入れるというひと手間があります(もちろんその分美味しいです)。

 

と、いうわけでもっと手軽に還元コーヒーを飲むために、コンビニやスーパーで買える缶コーヒーやペットボトルに入ったコーヒーがどのくらい還元くんに反応するのか試してみました!

今回は全て「無糖」や「Black」で試しています。

カフェオレなどの商品はまた値が異なるかもしれません。

 

そして各々の商品の1枚目の写真が還元くんに入れる前、入れて24時間経過後の写真が2枚目です。

 

缶入りコーヒー

1.BOSS BLACK

 

2.DOUTOR BLACK

 

3.TULLY’S BLACK

どの商品も開封したての電位を計測してみましたが、比較的低めなんですね。

特に最後のTULLY’S BLACKはもともとかなりの低電位で驚きました。
(さすが伊藤園さん)

 

ペットボトル入りコーヒー

1.FIRE ONEDAY BLACK

 

2.CRAFT BOSS

3.UCC COLD BREW BLACK

ペットボトル入りのコーヒーもなかなか良いようです。

 

番外編

こちらは、還元くんに入れず「つぎ足し方式」でペットボトルのコーヒーに
出来上がった「還元コーヒー」を入れたもの。

近所のスーパーで1本98円でした。

 

元々の電位も低いのですね。

 

で、このペットボトルから少しコーヒーを出して、そこに「還元コーヒー」をつぎ足しで入れます。

そして蓋をして24時間後。。

 

上の部分がこんな感じになってました。

見えますかね?泡です。

 

 

そして電位はこんな感じです。

 

還元されたコーヒーはほとんど味が変わりません。

コーヒーが好きな方は飲みやすいと思います!

 

まとめ

私が子供のころ、「缶コーヒーは体に悪いから飲まないほうがいい」と言われていました。

 

カフェインが入っているので子供の体には合わないという意味だったかもしれませんが、この思い込みから、実は私自身も缶コーヒーを飲む習慣はありませんでした。

 

しかし、こうして改めて缶(ペットボトル)コーヒーを眺めてみると「悪い飲み物ではないのでは?」と思うのです。

少なくとも砂糖が沢山入った「ただの酸化物飲料」よりは遥かに良い飲み物かと。

 

開封したての缶コーヒーがこんなに電位が低いとは思いませんでした。

 

外回りの仕事の方、建築現場で働いている方が缶コーヒーを飲みながらホッと一息されている時、知ってか知らずか低電位の飲み物を摂って、コーヒーの香りで癒されているのですね。

 

ただ、ちょっと「?」と思うことがありまして。

 

それは「あまりに安すぎる商品は電位が下がりにくいのかもしれない」ということ。

 

今回は全てコンビニで商品を購入した商品を還元くんに入れて実験しています。

コンビニは比較的「新しい」「回転率のいい」商品を置いています。なのである意味缶コーヒーも「新鮮」なのだと思います。

 

しかし、ドラッグストアや激安店の店頭に並んでいるペットボトル入りのコーヒーを還元くんに入れてみたら、電位が下がらないものがいくつかありました。

 

長らく放置されていたり、消費期限が近かったり、日に当たったりして管理の良くないものは、もしかしたらあまり体に良くないのかもしれません。

 

これは「新鮮な食べ物を食べる」と同じくらい重要なことかもしれませんね。

たとえ缶コーヒーでも、買うお店・選ぶということは大切だなぁ・・と思いました。

 

還元水出し アイス コーヒー
還元くんで水出しコーヒーを作る還元くんに入れるものは何でも良いです。もちろんコーヒーも。ただ、品物によって還元されるもの、されないものがありました。還元コーヒーを作るときのコツもお伝えしています。...
OJIKA Industry正規代理店
CHIKACHAN HOUSE

還元くん・メビウスウォーター・ワンゲル等の専門ショップです

ABOUT ME
CHIKA
還元くん、メビウスウォーター、ワンゲルをこよなく愛する現役の薬剤師です。 自分自身の闘病体験や日々患者さんと接する中で、「薬にお世話になる前にできることがある」ということを実感し「予防」の大切さを伝えています。 自然の摂理に忠実に従い、本当に私たちのためになる商品を多くの皆様に知っていただきたいと思っています。
記事URLをコピーしました