還元くん

還元茶(水素茶)で足湯をしよう!

footbath
CHIKA

還元くんで作ったお茶は、2000ppb以上の脅威の水素を含みます。

これ、飲むだけでは勿体ないと思うのは私だけではないはず・・

実際、私の友人はしばらく還元茶で洗顔をしていましたが
なんとなく茶渋が気になったので

「顔に茶渋がついて茶色くなりそうじゃないですか?」

と伝えてみました。

 

すると、一旦は「そんなことないでしょ〜」と否定していた友人も日に日に気になってきたのか

「やっぱり茶渋気になる」

と言い始めました(笑)

 

でも、還元茶で洗顔すると肌がピーンと張ったような、なんとも言えないスッキリ感のようなものがあるんです。

これはきっと水素のおかげ。

お茶自体も、清涼感ありますしね。

 

 

そうそう、今回は顔ではなくて「足」と還元茶の話です。

何人かの方から伺った話ですが

還元茶で足湯をすると、

臭かった足のニオイが気にならなくなる!!!

 

のだそうです(笑)

どれだけ臭かったんだ?と想像しますが・・。

 

足のニオイの原因の一つが色々な酸化。

「還元」というのは「酸化したものを元に戻す」とも言えます。

勉強会で、あのひき肉の映像を見たことがある方はなんとなく想像ができるのではないでしょうか?

 

日頃から旦那さんに還元茶を飲ませている女性が

「うちの旦那のニオイ(体臭)が気にならなくなってきた」

と言っていたのを思い出しました。

 

特に、年を重ねてくるとどうしても出てくる「加齢臭」。

自分ではわからないけれど、他人から言われて気づくことも多いようです。

そんな時はきっと、還元くんが上手く働いてくれると思います。

 

単なる足湯も、リラックス効果は抜群。

その中身が還元茶だったら、これ以上に素晴らしい足湯はないと思います。

私も、足がだるいなあ・・と思う時はよくやります。

 

ただ、

足湯するとき、バケツ一杯の還元茶作るんですか?

 

と思った皆さん!!

 

おっしゃる通りです!

 

還元くんを5、6本お持ちの方はそのボトルで作ったお茶を全部入れたら
足湯ができるくらいになります。

 

・・が、そのような方は一部マニアの方に限られます(笑)

 

ここは、「還元茶ねずみ算方式」を使いましょう。

還元くんで作られたお茶を、通常のお茶に入れれば
そのお茶はあっという間に還元茶になるという方法。

【1】2Lのペットボトルのお茶を4本用意します。

【2】それらの蓋を開けて、少しづつ中身を出します。

【3】ペットボトルのお茶に還元茶を入れます。

【4】すると、一気に8Lの還元茶が出来上がります。

 

もちろん、ペットボトルのお茶でなくても家にある茶葉を使って作った大量のお茶でも構いません。

ここで一つポイント。

通常のお茶にどのくらい還元茶を入れるかによって、なんでもないお茶が還元茶になる速度が変わります。

 

つまり、2Lのペットボトルからコップ1杯分くらいの中身を出して、コップ1杯分くらいの還元茶を入れた時と

2Lのペットボトルからスプーン1杯分くらいの中身を出して、スプーン1杯分くらいの還元茶を入れた時では、圧倒的に前者の方が全て還元茶になる速度は早くなります。

 

なぜ「ペットボトル4本」かというと、

還元くんは800〜850ccの液体が入ります。

これを4等分すると、大体コップ1杯くらいの分量になるんですね。

まあ、2Lのペットボトルのうちの1/10が還元茶であればそこそこ早く全てが還元茶になってくれる感じです。

もちろん、季節によって速度は変わってきますが。。

 

こんな感じで、たくさんの還元茶を作って足湯をするわけです。

 

ちなみに、この「還元茶ねずみ算方式」を使えば

 

還元ボトル、いらないじゃん

 

となりますが、タネとなる還元茶がなくなってしまったら元も子もないので

「一本は持ってたほうがいいよ」

と開発者はよく言っています。

 

 

あ。

この足湯で物足りない方!!

更なるステップは、「還元茶風呂」ですよ〜!

 

還元茶風呂
還元茶(水素茶)風呂の作り方還元くんの勉強会でも時々話が出てくる「還元茶風呂」。 以前、「還元茶で足湯をしよう」という記事を書きましたが、 還元茶風呂は...

 

OJIKA Industry正規代理店
CHIKACHAN HOUSE

還元くん・メビウスウォーター・ワンゲル等の専門ショップです

ABOUT ME
CHIKA
還元くん、メビウスウォーター、ワンゲルをこよなく愛する現役の薬剤師です。 自分自身の闘病体験や日々患者さんと接する中で、「薬にお世話になる前にできることがある」ということを実感し「予防」の大切さを伝えています。 自然の摂理に忠実に従い、本当に私たちのためになる商品を多くの皆様に知っていただきたいと思っています。
記事URLをコピーしました